オフィスデザインを変えて快適ビジネス【仕事効率向上レイアウト】

サラリーマン

デザインを変える

フロア返却をする

女性

オフィスデザインを考えなおす時に、オフィスを2フロア借りている場合であればフロアを返却して1フロアにオフィスをまとめるのも1つの方法です。特に部署が多い企業などになると、階ごとに部署が分かれている場合が多くあります。部署ごとに分かれているということで、部署内での仕事効率を下げる心配はありませんが、各部署との連携は取りづらくなります。特に中小規模の人数の企業の場合であれば、部署ごとに階を分けるよりも1フロアで統一した方がかえって仕事がスムーズに進む場合もあります。自社の会社規模に合わせて賃貸するフロアの大きさや数を検討することが大切です。オフィスデザインを専門に行なっている会社には、このように移転をせずにフロア返却でデザインづくりをしていくというところもあります。

移転を検討する

オフィスデザインを変える場合、フロアを統合するのも1つの方法ですが、移転をするのも1つの方法です。そもそも借りたビルに必要な設備が整っていなかった場合や、企業の事業変更や拡大をする場合は移転をした方が良いケースもあります。移転をするときには、できるだけスピーディーに物件を見つけるのも1つの方法です。現在では起業をする人が増えてきていることもあり、賃貸オフィスの数は増えていますが、その分利用する会社も増えてきています。オフィスデザインを専門に行なっている会社には、ビルや物件を仲介で紹介してくれるところもあります。オフィスデザインをする時に必要となる条件に合わせてビルを選んでくれるので、要望を叶えたビルにオフィスをかまえることが可能です。移転をするときには、デザインだけでなく物件も紹介してくれるデザイン会社を選ぶのが良いでしょう。