オフィスデザインを変えて快適ビジネス【仕事効率向上レイアウト】

サラリーマン

集中できるデザイン

業務に合わせて変える

女性

オフィスワークで集中して業務にあたることができるオフィスデザインを考える場合、業務内容に合わせてデスク周りの環境を変える事も大切です。社員1人1人の仕事が全く違う場合などは、各々ができるだけ業務に集中できるようにデスク周りにパーテーションなどを置いて独立的なスペースを設けるのも1つの方法です。極力全員のスタッフとコミュニケーションとった方が仕事が進めやすいというのであれば、逆にパーテーションは省いたほうが良いでしょう。このような部分もオフィスデザイン専門の会社と相談しながら決めることが大切です。特に多くの会社のオフィスデザインを手がけた実績がある会社であれば安心して相談することができるでしょう。

リフレッシュ場所をつくる

オフィスワークの場合、どうしてもパソコンなどのOA機器に囲まれて業務を行なう為、開放的な空気が吸いたくなる人や仕事を忘れてリフレッシュしたくなる人がでてきます。人によって仕事をする日の体調や気分は違ってくるので、できるだけオフィスにはリフレッシュできるスペースを設けておくのが良いでしょう。最近では、オフィスデザインを考えるときに、ビリヤード台やダーツゲームができる場所などを設置しようとする企業もあります。1日の多くを過ごすオフィスだからこそ、息抜きをする時間は非常に重要です。オフィスデザインの変更を計画するときには、リフレッシュ場所のスペースも広くとって、今までとは全く真逆のデザインにしてみても良いでしょう。